体温・体調の情報を、イベントや会社・学校の健康管理に活用!

「テレサ」は新型コロナウイルス対策の一環として開発されました。
イベントを安全に開催できるように、
そして、イベントに安心して参加できるように。

会社や学校においても、社員や生徒の体調が一括管理できるので、
管理者の作業負担を減らすことができます。
また、ユーザーにとっても、シンプルな画面なので入力も簡単です!

これからのWithコロナ時代における「安全・安心」の確保のためにお使いいただけます。

導入事例

CASES

第40回大阪国際女子マラソン

2021年1月31日に開催された「第40回大阪国際女子マラソン」(主催=日本陸上競技連盟、関西テレビ放送、産経新聞社、サンケイスポーツ、主管=大阪陸上競技協会、協賛=奥村組 )において、出場選手やチーム関係者、中継スタッフ等の健康状態を把握するために、「テレサ」を導入いただきました。

オリンピックの女子マラソン代表選手が参加した本大会では、新型コロナウイルス感染防止対策が徹底されたなかでの開催となり、事前の健康状態の把握だけではなく、当日の検温など感染症対策の一部をサポートいたしました。

◆大会公式HP
https://www.osaka-marathon.jp/

日本陸上競技連盟(JAAF)

公益財団法人日本陸上競技連盟(JAFF)主催の「第104回日本陸上競技選手権大会」(10/1~3開催)および「第104回日本陸上競技選手権大会 長距離種目」(12/4開催)において、出場選手や競技役員、大会スタッフ等の健康状態を把握するために、「テレサ」を導入していただきました。

陸上競技は7月から活動が再開されましたが、体調チェックシートでの体調管理が主流となっており、来場するまで健康状態を把握するのが困難な状況でした。
「テレサ」を導入したことにより健康状態を事前に把握することができるようになり、体調が優れない方へ事前に連絡をとり、PCR検査の陰性証明を提出をしてもらうなど、ウイルス禍の中でより安全に競技会を運営するサポートをいたしました。

◆日本陸連HP
https://www.jaaf.or.jp/

◆日本陸連 新型コロナウイルス対策の取組み
https://www.jaaf.or.jp/on-your-marks/

北海道・札幌マラソンフェスティバル2021

東京オリンピックのマラソンテストイベントとして2021年5月5日に開催された「北海道・札幌マラソンフェスティバル2021」<主催= 北海道・札幌マラソンフェスティバル2021実行委員会(=北海道、札幌市、北海道陸上競技協会、札幌陸上競技協会、北海道商工会議所連合会、札幌商工会議所、北海道スポーツ協会、札幌市スポーツ協会、北海道新聞社、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会)>において、出場選手をはじめ大会事務局、ボランティアスタッフ等、イベントに関わる全ての人の健康状態を把握するために、「テレサ」を導入いただきました。

◆大会公式HP
https://hs-marathonfes2021.jp/

その他、多数のイベント・組織にご利用いただいております!

- ご利用組織 業種例 -
行政、競技団体、建設業、地域スポーツクラブ、大学・高校等の教育現場、大学運動部 等々

- ご利用イベント例 -
市民マラソン大会、親子マラソン大会、マラソン大会代替イベント、陸上競技会、
駅伝大会、かけっこ教室、セミナー・講習会、オーディション 等々

開発・運営

株式会社新潟アルビレックスランニングクラブ


〒951-8131 新潟市中央区白山浦1丁目614-5白山ビル7F


TEL:025-201-7666 FAX:025-201-7656